Shanti time...

丁寧に呼吸して、丁寧に時を刻んで。。。 田舎で暮らすオーリィの徒然日記とYogaのお話

2019年02月

来期のサンライフ防府さんでの「のんびりヨーガ」各クラスは、
お陰様で定員に達しました。
これからの受付は、キャンセル待ちとなります。

また、「ママさんヨーガ」の受付開始は明日3月1日(金)からとなっております。


年々、このサンライフ防府さんでの1年間の講座受付日はヒートアップしているようです。
約80講座あるすべての講座が同時受付スタートしますので、
受付開始日のサンライフさんは大混雑。
私は、その模様を見たことないのですが、生徒さんの話によるとものすごいみたいで。。。。
それだけ、楽しみにしてくださっているという事は、とても嬉しく有難いことです。
来期は4月から開講、例年より1か月早いスタートです。
スタートまで約1か月。
来期もみなさんに満足いただけるようなクラスになればと、考えております。
お申し込みいただきました皆さん、来期もどうぞよろしくお願いいたします。

そして、私も初めて!
コチラの講座で「野菜つくり」講座を申し込みました!
これも楽しみ♪
今年は、自分にとっても学びを少し増やしました。
野菜作り。。。薬膳。。。金継ぎ。。。
其々が相乗効果のあるように、それぞれの時間をヨーガの時間とともに豊かな時間にできたらと思ってます。

以前のブログより。。。。

昨年の自宅Shopでは、念願の離れでの「ちいさなてしごと店」を同時開催!
大好きなヤオ族の刺し子をはじめ、じっくり見入ってしまう手仕事ものを集めた空間です。
私の自己満足的な空間だったり(笑)。

今年も、もちろん、離れでオープンしますよ!
お楽しみに~♪

*************************************

今年の自宅Shop~Krungthep(クルンテープ)~では、別棟で
ちいさなてしごと店をオープンさせていました。

タイトルとおり、小さなスペースにてしごとものをちょこっと展示、販売しました。

離れというのもお恥ずかしいスペースが我が家にはあり、
普段は朝Yogaの朝ご飯スペースで利用しているところなのですが、
ここも小さいながらほっこりできるスペースで私自身好きなスペースで、
そんな場所に私の好きなものをちょこっと置いてみたいな~と思い、
今年初めて行ってみました。

展示したのは、タイのヤオ族の刺し子のバックや洋服、
ヂェン先生の日常着、インドもカディ製品やタイのてしごともの。
そして、同じ富海に住んでる綴れ堂さんの藍染製品、
空間茶天ご主人の鉄製品、そして、BotanicaさんのTシャツでした。

どれも、この空間にあってて、お互いがいい具合に溶け合ってたな~と、
かなり自己満足。笑。
当初は、商品が少ないかな?と思っていたのですが、
この小さなスペースにはちょうど良くて、いらっしゃってくださったお客様も
じっくりゆっくり手にしてもらえるような、そしてそのてしごとものについて、
お話しできるくらいの商品数で、結果良かったかなと。
ちゃんとそれぞれ皆さんに、行くべきところに嫁いでいったな~と。
次回の構想もますます膨らんできました。


BOTANICAさんに書いてもらいました。


空間茶天ご主人のアイアンが素敵です。


私の大好きなヤオ族の刺し子。
一つとして同じものがないバック。
嫁ぎ先で、かわいがってもらえますように。。。


来年も、またじっと見入ってしまうような、てしごとものを集めて、
ちいさなてしごと店ができたらいいな~と期待しています。


以前のブログより。。。

2017年時の朝Yogaの模様です。
すっかり真理先生のレッスンが定番となりました。
私は、彼女に安心してレッスンを任すことができ、裏方仕事を楽しませてもらってます。
今年も、彼女に会えることをお楽しみに~!

********************************

先日の自宅Shop~Krungthep(クルンテープ)~のワークショップにておこなった
朝Yoga~皐月~の模様です。

この日は、毎年、関西よりお店のお手伝いで来山してくれる真理先生に講師をバトンタッチしてます。
既に、生徒さんの中ではお馴染みの先生で、リピーターさんも沢山。
予約開始と同時に、直ぐに定員に達してしまったほどに人気のレッスンとなっています。
そして、この日からこの年の朝Yogaがスタートします。
ということで、先日の朝Yogaには、沢山の方のご参加を頂きました。

真理先生のレッスンは、それはそれは、身体の緩む、そして心も緩むレッスン。
終わる頃には、みなさんのお顔がふにゃふにゃに。
横たわっていたマットからなかなか起き上がれない(起き上がりたくない)くらいです。face01

私は、裏方スタッフとしてお料理を作っていましたが、時折耳にする真理先生の柔らかい声にひきこまれてました。
みなさんも、かなりゆるゆるとリラックスが深まったご様子でした。

そして、こちらが今年最初の朝ごはんです。



①高野豆腐と干しシイタケのから揚げ
 こちらは、一番人気のおかずでした。
②ソラマメフライ
 自家製のソラマメを串にさしてフライに
③厚焼き卵風キッシュ
 ポテトをたっぷりと入れた厚焼きなキッシュ
④キンピラ
 オーソドックスなキンピラ
⑤野菜たっぷりナムチム
 タイの万能調味料ナムチム。パクチーの苦手な方には少々つらかったようです。
⑥サラダ
⑦お味噌汁
 揚げ・新玉・ネギとシンプルなお味噌汁
⑧おにぎり2種
 持ち麦入りおにぎりには梅干しをのせ、雑穀おにぎりにはとろろをのせました。
⑨桜ゼリー
 我が家の桜でこさえたゼリー



今年のテーマは「もりつけ」。
盛り付けの印象でお料理も随分とかわってきますね。
盛り付け担当のチヨ(母)が、毎回、季節の葉っぱなどを上手く使って
彩りよく盛り付けてくれます。




真理先生のレッスン。
また来年の初夏にお会いしましょう!

以前のブログより。。。
お店になってる時の富海ハウスはお賑わいですが、こちらはクローズ後の模様。
毎回、程よい疲れを感じながら、次回の豊富がクツクツと湧き上がります。


*************************

月曜日までの自宅Shop~Krungthep(クルンテープ)~は、今年も無事に幕を閉じる事ができました。

4日間、たくさんの方に足をお運び頂き、みなさんにお礼をお伝えしたいところですが叶わないので、こちらにてお礼を伝えさせて頂きます。

毎年楽しみにしてくださる方、
初めてお会い出来た方、
期間中、何度も足を運んでくださった方、
お忙しい時間を割いて来て下さった方。。。。

ご来店ありがとうございました。
日常から離れ、少しはごゆっくりしていただけたでしょうか。
また、お気に入りなものは見つかりましたでしょうか。
スタッフ一同、期間中はバタバタと動き回っており、気のきくおもてなしが出来なかった事があると思います、
これは、次回までの反省点として改善していきたいと思います。

何も問題なく、4日間終えられた事にはたくさんの方のご協力と理解があったからだと思います。
お客様、地域の方、出店者の方、スタッフへ、感謝の気持ちでいっぱいです。


昨日は、オフ日だったので、一日かけてお店だった空間を通常の生活空間に戻しました。
怒涛のような日々から一転、あの4日間が既に夢のようです。
この空間もこんなにすっきり。


燃え尽きた感じから、また新たなスタート!前向きな気持ちにもなりました。

床の間には、これからこのBOTANICAさんの蓮のタペストリーを飾っておく事に。


そして入口には大道さんの元気のでるような手ぬぐいを飾る事にしました。


さぁ、また来年までの一年の間、ここで暮らし、働きます。
その間、たまに旅に発ち、学び、新たな出会いをし、少しでも成長したKrungthep・そして私で来年みなさんにお会い出来たらと思います。

来年の夏の香が湧きたち始める初夏に、またみなさんとお会いできたらと思います。

今年もありがとうございました。

以前のブログより、2015年の自宅Shop最中のスタッフとのつかの間の休息時間。
ゆっくりできる朝は、みんなで近くの富海海岸で朝ご飯を食べます。
今年もお天気になってくれるといいな~。

********************************

本日は自宅Shopの3日目。

連日、たくさんの方に足を運んで頂き、ありがとうございます。

今年は比較的、駐車場をうまく分散してご利用頂いていますので、車の混雑することなくスムーズに営業ができています。
ありがとうございます。

今日まで関西・関東のお友達がスタッフとしてお手伝いしてくれていました。
彼女たちがいないと、もうこのお店は成り立っていないんじゃないかっていうくらいに、強力な助っ人さんたちです。
だから、毎年お越し頂く方には、すっかりお馴染みになっているようです。
本当に私は良いご縁に恵まれてるな~と深く思います。

そんなお友達には、ここに来てもなかなかゆっくりとしてもらうことができないので、今朝はリクエストに答えて近くの富海の浜へ行ってきました。
朝早くの海はとてもきれいで静かで、都会に住んでいる彼女たちをそれはそれは癒してくれたようです。

今朝も快晴、良い一日の始まりをみんなで感じてました。


ジェットボイルをもって、仲間と浜で頂くコーヒーと差し入れシフォンケーキは最高に美味しい♪


そして浜で見つけた「UNION」の文字の入ったガラスの破片に何かを感じました。

忙しくとも、こんな時間を友と持てること、いい朝の時間でした。


↑このページのトップヘ